プロフィール

六三四

Author:六三四
パラエストラ札幌で格闘技をやってます。

格闘技系ブログはこちら 
六三四の柔術日記

http://bjjjam.exblog.jp/

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

最新記事

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

六三四の映画日記
六三四の柔術日記(bjjjam.exblog.jp)別館です。 ここでは、見た映画の感想などを綴っています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1999年公開映画 ベスト10
1999年公開映画
鑑賞本数 41本

1位  エリザベス(イギリス)
2位  エントラップメント(アメリカ)
3位  ライフ・イズ・ビューティフル(イタリア)
4位  ノッティングヒルの恋人(アメリカ)
5位  恋におちたシェイクスピア(アメリカ)
6位  マトリックス(アメリカ)
7位  バンディッツ(ドイツ)
8位  200本のたばこ(アメリカ)
9位  ウェイクアップ! ネッド(イギリス)
10位 風が吹くまま(イラン=フランス)

エリザベス未見の人は、「ブーリン家の姉妹」を見てからだと
面白さ倍増。ラストシーンは鳥肌モノです。

エントラップメントはゼダ=ジョーンズのベスト作品。

特筆すべきはマトリックス。その後の映画にやたらと影響を与えました。
でも、この映画の5年ほど前に鈴木光司が「ループ」で同じ世界観を展開。
あの小説はホントに凄いわ。

バンディッツは、テルマ&ルイーズ的作品。
同じプロットで作っても、ドイツで作る映画は独特の味があると思います。
邦画最新作の「ヘブンズドア」の元ネタになった「ノッキンオンヘブンズドア」とかね。

あと、イラン映画侮りがたし。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://moviejam.blog9.fc2.com/tb.php/20-668d62cc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。