プロフィール

六三四

Author:六三四
パラエストラ札幌で格闘技をやってます。

格闘技系ブログはこちら 
六三四の柔術日記

http://bjjjam.exblog.jp/

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

最新記事

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

六三四の映画日記
六三四の柔術日記(bjjjam.exblog.jp)別館です。 ここでは、見た映画の感想などを綴っています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【映画館】 パッセンジャーズ
パッセンジャーズ

パッセンジャーズ

ジャンル : スリラー/サスペンス
製作年 : 2008年
製作国 : アメリカ
配給 : ショウゲート
上映時間 : 93分

監督 : ロドリゴ・ガルシア
出演 : アン・ハサウェイ 、 パトリック・ウィルソン 、 デヴィッド・モース 、 アンドレ・ブラウアー 、 クレア・デュバル

【STORY】
セラピストのクレアは、飛行機事故で奇跡的に生き残った5人の乗客の、トラウマ的なストレスを治療する役割を突然命じられる。彼女は生存者たちの記憶から浮かび上がる数々の謎を解き明かそうとする。だが、患者たちは自分たちの記憶と航空会社の公式説明の食い違いに悩み、自分たちの記憶も曖昧になってくる。やがて、事故の核心に近づくたびに患者たちが次々と失踪しはじめ、彼女の周辺でも不可解なことが続発し始める。
[ 2009年3月7日公開 ]

【感想】
個人的には凄く面白かったです。

一般的評価は、ありきたりな話ということで低めですが、
その世界観を感じ、製作者と対話しながら見るような感じでみると
なかなか興味深い作品だったと思います。


以下、ネタバレ含めた感想


要は「アザーズ」的な展開のこの映画。
正直、途中で結末は読めてしまいます。

でも、「アザーズ」とは微妙に違う製作者の死後の世界観
このテーマを使い古したモノとバッサリ切るのはもったいない。

この世とあの世を分ける世界観は
個人的に非情に興味があるテーマです。


2009.03.10 ユナイテッドシネマにて鑑賞
評価 ☆☆☆
スポンサーサイト

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://moviejam.blog9.fc2.com/tb.php/71-1c0f65f6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。